バッチフラワーレメディの選び方

バッチフラワーレメディとは

バッチフラワーレメディとは、1930年代に英国医師エドワード・バッチ博士によって開発された、全38種のフラワーエッセンスです。

現在、フラワーエッセンスは世界中にいくつもありますが、バッチフラワーレメディが元祖になります。

 

エドワード・バッチ博士

バッチ博士(1886-1936)は、優秀な医師で病理学者・細菌学者・同種療法医(ホメオパシー医)で、当時大変高名な方でした。

そして、確実な治療を生み出せずにいる複雑な科学的手段に代わる、単純な治療形態、純粋な薬を発見したいと望んでいました。

研究を進めるうち、バッチ博士は病気の治療においては、身体よりも心・性格の方が重要であることを発見します。身体の健康は心の状態によってコントロールされ、身体の訴える症状とは関係なく、様々な気分やフィーリングが、求められる薬の指標となると確信するに至りました。

そして、その薬を自然界から得ることを求め、ついに花のエネルギーの手を借りることに行き着いたのです。

バッチフラワーレメディは、心や感情のバランスを取り戻すことによって病気を治療し、あるいは予防し、更に心に平和や幸福、喜びをもたらすものです。

 

バッチフラワーレメディを選ぶとき、最も大切なこと

よって、バッチフラワーを38種のうちから選ぶ際、何よりも大事なのが、

『今、どんな気分なのか?』

『今、何に困っているのか?それにまつわる気持ちはどうか?』

ということです。

今の気分だけを見て、レメディを選んでみてください。

過去のことや、その気分になった理由など、深く掘り下げる必要はありません。

簡単に、単純に、『今の気分』がどうなのかを見て、それに対応するレメディを摂るのが基本です。

バッチ博士の生涯をかけたヒーリングレメディの力を感じ取れることでしょう。

 

 人気記事

 月別アーカイブ

 年別アーカイブ