精油の選び方

本物の精油は、その成分の100%が植物から採られます。

大量の植物から、水蒸気蒸留法などの方法で芳香分子だけを集めて作られ、他に人工的な手は一切加えられません。

そして100%天然のままだからこそ、複雑な成分が絡み合い、総合的な作用をもたらすのです。

ですが、日本において精油は『雑貨』扱いのため法規制はなく、残念ながら、偽物や質の悪い精油(の類)も多く出回っています。

それでは期待するアロマテラピーの効果は得られませんし、逆に危なくもあるので、まずは質の良い本物の精油を手に入れるところからスタートしましょう。

メモ: 百均で売っているような値段の『アロマオイル』といったものには、精油はおそらく一滴も入っていないか、入っていたとしてもほんの少し。ほとんど人工香料かと思われます。きちんと作られた精油の目安として、材料や製造工程のことを想えば、ある程度の価格というのも判断材料のひとつです。

プラナロム精油はメディカル(医療)目的で作られており、大変質の良いケモタイプ精油です。

※ ケモタイプ精油 : 同じ学名を持つ植物から採った精油であっても、『化学的に検証を行い、分類・同定したもの。例として、同じローズマリーでも、その成分によって『ローズマリーカンファー』『ローズマリーシネオール』『ローズマリーベルべノン』と分かれます。

そして、『ケモタイプ精油成分分析表』が添付されています。

例えば、“オーガニック”と表示されていても、オーガニックの基準は国によって様々でもあり、大抵の場合、ある一定の農薬はOKとなっていることがほとんどです。

よって、いくら原材料が”オーガニック”であっても、その許されているほんの少しの農薬が、精油となる過程で濃縮され、その一瓶にはかなりの量となって混入している可能性だってあります。

その意味で、プラナロム精油は万全です。

本国でもロットごとに検査していますが、日本に輸入されたあと、総代理店のKENSO社が国内でも成分分析機にかけているのです。これが実は、プラナロム本社で行われている成分分析よりもさらに丁寧に分析しており、とても安心できます。

たとえば船で運ばれる途中、温度管理などの保管状態によっては精油が変質してしまうという危険性もあるため、国内で分析されていることにはとても意味があります。

プラナロム精油のひと瓶ひと瓶に同封されている『ケモタイプ精油成分分析表』を見れば、このロットにはどの成分がどれだけ含まれているのか、残留農薬が検出されていないか、蒸留年月・消費期限はいつか、産地はどこか、などなど一目でわかるようになっています。

同じように、ケンソー社が蒸留しているハーブウォーターにも、ロットごとに分析した成分分析表がついています。もちろん保存料など完全に無添加ですので、お肌に優しく、肌の弱い方でも安心して使えます。

安心安全なナチュラルライフをお過ごしください。

 

 人気記事

 月別アーカイブ

 年別アーカイブ