風火水土 > カテゴリー: バッチフラワーレメディ

バッチフラワーレメディ

2018.9.5

トラウマ、衝動的、自信がない、何かが怖い、依存症、、心の問題にバッチフラワーがお勧めです

誰もが抱える心の問題 この世の中では、誰しもが大なり小なり心の問題を抱えています。 どこの社会でも、人間関係があれば競争もありますし、今は満員電車やスマホなどの環境的なストレスも大きいです。 その結果、自信をなくしてしまったり、何かに依存してしまったり、誰かにストレスをぶつけたくなってしまったり。あるいは心の奥底に妬みや恨みを抱えていたり、何かに対して恐怖や不安を感じていたり。果ては、何もやる気がおきなくなってしまっていたり。 ほっとするはずの家庭でも、ちょっとしたことからお互いの存在がストレスになってしまうこともあります。 うつ(躁鬱)や、DV・暴力の連鎖など、自分では抜け出したくてもどうしようもないと感じているかたもいらっしゃるかと思います。 これらの心の問題が、すっとなくなり、自分で解決していくことができるとすれば、本当にハッピーですよね。   心を癒やすバッチフラワー バッチフラワーレメディは、イギリスのエドワード・バッチ博士(1886-1936)が作り上げた、花のエネルギーをつかって人の心を癒やすためのツールです。 バッチ博士は優秀な医師・病理学者・細菌学者であり、ホメオパシー医でもありました。腸内細菌に関する発見では現代医学にも重要な貢献をしています。そして晩年、研究の集大成ともいえるバッチフラワーレメディを完成させました。 バッチ博士は、「汝、自らを癒やせ」と言っています。 また、「罪は運勢の星にあるのではなく、自分自身にある。不調和を解決する手立てもまた、自らの内にある」とも言っています。 ストレスのきっかけは外にあるかもしれませんが、それをストレスとして感じるか、そうでないかは人それぞれです。そして結果的に不調和を抱えた場合も、それを解決することができるのは、自分自身だけなのです。 同じ環境でも、ハッピーに、強く温かい心で、自分自身の人生を楽しんで前を向いて生きていくことができるのです。 バッチ博士は、そのためのツールとして、バッチフラワーレメディ38種を作り上げました。 使いかたも簡単、「今の気持ち」にそったレメディを選び、4滴飲むだけです。 ボトルから直接4滴飲んでもいいですし、水に薄めて、そこから少しずつ飲んでも大丈夫です。 心の不調和がひとつひとつなくなっていくと、とっても楽になりますよ。 バッチフラワーレメディの癒しの力を、ぜひ試してみてほしいです。   【バッチフラワーレメディ選びの参考】 上記で出てきたような事柄でお悩みの方へ、選ぶレメディを参考まで記します。 いくつか当てはまる場合、合わせて摂取できます。(マックス6~7種類までですが、基本的には2~5種類くらいまでがお勧めです) 一種類だったら一回4滴。2種類以上なら一回、各2滴ずつを使います。   ◇ 自分に自信がなく主体性がもてない。誰かに相談して迷った挙句、悪い選択肢をとってしまいがち → セラトー ◇ お酒や薬、煙草、ギャンブル、買い物など、何かに依存してしまう。明るく振舞っているが、実は悩みでいっぱい。問題と向き合おうとしない → アグリモニー (余談ですが、ジャニーズを退社した元TOKIOの山口達也くんには、ぜひアグリモニーを試してみてほしいです!) ◇ 衝動的になる。ストレスをぶつけるなど、誰かを傷つけてしまうのではないかという恐怖を感じる → チェリープラム (子どもを叱るとき、感情的になって怒りすぎてしまうお母さんにもチェリープラムです) ◇ 心の底に被害者意識がある。妬みや恨みがある → ウィロウ (兄弟であっちの方が得してる、などという思いを持っていたり、ご主人に対して不満がある奥さんなんかもこれに当てはまります) ◇ 何か具体的な対象が、怖い → ミムラス (たとえば、出世しないことや仕事でミスすること、上司・人間関係などが怖いというのも当てはまりますし、学校や幼稚園、友達、教室、暗い場所が怖いなどや、閉所恐怖症や高所恐怖症なども全て当てはまります。小さな子どもや男性の多くが、ミムラスを必要としてます) ◇ トラウマ。心に傷がある → スターオブベツレヘム ◇ 頑張ってきたが、もうやりきれないのじゃないかと自信を喪失している → エルム ◇ 無気力、無関心、無感情。すべてにあきらめている人 → ワイルドローズ ◇ イライラ、せかせか、短気。極度の緊張や焦りがある。ピンと張っている感じ。肩こりや筋肉痛にも → インパチェンス        

バッチフラワーレメディ

2018.9.3

反抗期にテキメンに効いたバッチフラワーレメディのはなし

娘の反抗期が、一日で治まっちゃったお話 ここのところ24時間イライラしまくり、周囲(主にわたし。汗)にそのトゲを隠そうともせず、何につけても噛みついて喧嘩を吹っ掛けてくる、まるでチンピラのような心理状態だった我が娘、一姫。 一姫は小学6年生という微妙なお年頃の女子で、しかも受験生なので夏休みなのにほとんど遊べず、ストレスは多かったと思います。大好きなバレエもチアダンスも、7月でいったんお休みすることにしたので尚更です。 そしてそこまでして臨んだ、受験の天王山と言われる夏なのに、勉強も思ったようには進んでいませんでした。 が、親には受験勉強に全く口を挟ませず、ちょっとでもアドバイスのかけらでもしようものなら、『キ~~~!!!』という吹き出しをつけたくなるような声で、彼女の言い分や屁理屈やわたしへの不平不満を超高速マシンガン口撃してくる(しかも長い)、というパターン。 このマシンガン口撃はちょっとすごすぎて、数年後に本人に聞かせてやりたいから録音しとこうかなと思ったくらいです。笑 そこで、バッチフラワーレメディの登場です☆ 一姫の気持ちになって、必要なレメディをきちんと選び、調合したものを一日4回飲んでもらいました。 するとすると。 たった1日で、ストレスで膨れ上がったトゲトゲのヤマアラシみたいだった彼女の空気感が、『ふにゃ~~』と柔らかくなり、明るくケラケラ笑って過ごす、陽気な元の彼女に戻ったじゃあ、ありませんか♪ そしてそこから1週間が経ちますが、あのトゲだらけの日々はなんだったんだろうと思うくらい、一姫はルンルン鼻歌を歌いながら毎日を過ごしています。 状況は何も変わらず、勉強は相変わらずですが、前向きで、なんだか楽しそうです。 もちろん、まだ反抗期の生意気さはそのままですし、口答えも多々ありますが、なんというか、とにかくまとっている空気感がふんわり♪なのです。 心の問題には、バッチフラワー 自然療法にもいろいろありますが、心の問題が出てきたと思ったら、迷わずバッチフラワーをお勧めします。 ストレスの多い毎日を過ごしている会社員や経営者や学生さん、主婦のみなさん。 何かが怖かったり、悲しかったり、ショックを受けたりしている小さなお子さん。 果ては、都会暮らしで人間と同様のストレスを抱えているワンちゃんや猫ちゃんにも。 バッチフラワーは等しく、単純に安全に、最善の癒やしを与えてくれます。 心の問題が大きければ大きいほど、その驚くほどのヒーリング効果を感じることができますよ。 38種類からあなたに必要なものをちゃんと選べてさえいれば、テキメンに効くのです。 (ただし、もし間違ったレメディを飲んでしまった場合でも、何も起こらないだけで、薬などと違って全く副作用はないので大丈夫ですよ) 基本的に、選んだレメディは最長で3週間続けて飲んでみてください。 3週間飲んで何も変わらなかったら、選んだレメディが間違いだったと判断しましょう。 今回わたしが選んだレメディ(参考まで) 今回、わたしが娘に選んだレメディの組み合わせを参考までに記載します。 が、これはあくまでも『本人がその時どう感じていたか』に基づいて選んだものであり、『反抗期ならこれ』『受験生にはこれ』というものではないということだけ、ご注意ください。 バッチフラワーレメディは、 『今、どんな気分か?』 『今、何に困っていて、それに対してどんな気持ちか?』 だけを見つめて選ぶものですので、たとえ同じ状態、同じ症状だったとしても、個人個人、選ぶべきレメディは変わってきます。 なので、以下はあくまで選びかたの参考としてご覧いただけると幸いです。 【 今回、わたしが反抗期&受験生の娘に飲ませたレメディ 】 ①ミムラス : 具体的な何かが怖いときに飲むレメディ。まず勉強や受験そのものに対して、不安や恐怖が心の奥にあるからのイライラだな、と考えて選びました。 ②ホーンビーム : 勉強しなくちゃ、と思っているのにサボってしまう。ホーンビームは、やらなくてはいけないことに対するモチベーションが上がらないときのレメディです。 やる気スイッチがまだオンになっていない受験生の皆さん!ホーンビームがスイッチを押してくれますよ☆ ③チェストナットバッド : 同じ失敗を繰り返してしまう人に。娘は勉強のやり方にしても、部屋が片づけられないといったことに関しても、わたしとの親子喧嘩(?)にしても、同じことの繰り返しをしていました。 ④ヘザー : どんなときも自分中心、自分のことばかり話したがる人に。思春期はこうなりがちですし、成長過程としては決して否定すべきものではないですが、もしそれが悪い方に出てしまっているならばヘザーで癒されてみましょう。 ⑤ホリー : トゲトゲしく、攻撃的な態度をとってしまう。だれかに『憎しみ』を感じるときなどに。→きっと瞬間的にはわたし(母親)にかなり感じていたと思われます、憎しみ。汗 ⑥ウィロウ : 被害者意識がある人に。被害者のような気持ちって、思春期には結構ありますよね。(そして意外と、誰でも心の奥底に隠し持っていたりします) 30mlのミキシングボトルに水(軟水や浄水がよいです)をボトルの肩ぐらいまで満たし、上記の6種類のレメディを各2滴ずつ加えて、一姫専用ボトルの完成です。保存のためにはブランデーや酢を足してもOKです。 このボトルから、一日4回以上、4滴ずつを飲んでもらいました。 バッチフラワーレメディの効果が出るのは、早ければ一姫のように即日ですが、遅くとも3週間以内には、本人も周囲の人間も『変わったな』と思えるような変化が出てきます。 ※ バッチフラワーレメディは電磁波には弱いため、冷蔵庫内や、携帯電話や電化製品の近くには保管しないことをお勧めします。 尚、もし違う組み合わせのレメディに変更する場合には、ミキシングボトルを煮沸消毒してから作り直してください。スポイトのゴム部分が外れますので、ゴム以外のガラス部分だけ煮沸できます。

 人気記事

 月別アーカイブ

 年別アーカイブ