風火水土 > 精油 > 精油の保管・取り扱い方法

  • 精油
  •  2018.7.20

精油の保管・取り扱い方法


精油は 『生(なま)もの』です。

精油は、その全成分100%が植物から採られた天然のものです。

水分がなく、どの精油にも抗菌作用があるため、そうそう腐敗するということはありませんが、やはり劣化することはあります。

よって、あくまで『生(なま)もの』として取り扱うべきなのです。

つまり、

 

★ 消費期限は守る

★ 上記の消費期限とは別に、開封後は1年を目安に使い切る

  (レモンやオレンジスイートなど、柑橘系の圧搾法でとられた精油に関しては、半年以内に使い切りましょう。逆に、ミルラなど粘性の高い樹脂系の精油は1年を超えても大丈夫です)

★ 保管は、日光の当たらない場所で、温度・湿度にも注意する。

⇒ ジップロックなどに瓶ごと入れて、冷蔵庫保管するのもオススメです。

 

他に注意する点としては、

★ 精油の瓶は立てて置いておく。

⇒ 横にしてしまうと、蓋の部分に精油が付着してしまいます。精油が蓋を溶かすこともあり得ますので、必ず立てておきましょう。

★ ホメオパシーレメディをお持ちの方は、精油の種類によってはレメディの情報を消してしまう性質のものがあるので、近い場所では保管しない。

 

これらのことだけ意識して、精油ライフを楽しみましょう♪♪

 人気記事

 月別アーカイブ

 年別アーカイブ