風火水土 > 精油 > 好きと感じる香りをつかう

  • 精油
  •  2018.7.20

好きと感じる香りをつかう


アロマテラピーの基本のキはとっても簡単です。

なによりもまず、好きな香りを選ぶこと。

実際に嗅いでみて心地よく感じる香りが、あなたのいま必要とする香りです。

いくらラベンダーが一般的にはリラックスする香りと言われていても、もしあなたが苦手と感じるのであれば、リラックスできませんよね。

逆に、いい香りだな、と感じる香りこそが、あなたに最も良い作用を与える精油なのです。

同じ名前の精油であっても、メーカーによって成分が異なりますので、少しずつ香りが違います。より好みのものを発見できるといいですよね。

また、好きな香りであっても、使いすぎていると、また、状況が変わると、その香りが嫌いになることがあります。

体が、その成分を『もう必要十分な分を摂取した』と判断したり、マインドや体の状態が変化したことで、必要な香りも変わってしまった、ということです。

お腹が空いている時に焼肉屋さんの前を通りかかると『いい匂いだな』と感じるのに、お腹がいっぱいの時には逆に悪臭に感じてしまう、というのもこれに当たります。

なので、香りを選ぶときは、何よりもあなたの五感(嗅覚)を大切にしてください。

ただし、禁忌(使ってはいけない対象、場合、使い方)がある精油もありますので、そこだけはご注意くださいね。

素晴らしい出会いがありますように。

 

 

 人気記事

 月別アーカイブ

 年別アーカイブ