PICKUP PRODUCT

新着情報

2018/08/13 8/14-16 夏季休業致します。発送作業は8/17〜になります。
ご迷惑をおかけ致しますが、夏季休業中の発送作業はありません。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
2018/08/08 サイトオープンいたしました!
自然療法セルフケアグッズのお店、風花水土(ふうかすいど)が本日オープンいたしました。
自然派の皆さまにとって、得ることの多いサイトになりますよう、精進してまいります!
どうぞ宜しくお願い申し上げます。
10,000円以上の購入で
配送料無料


クレイ

2018.7.24

日焼けにも電磁波にも、クレイ

クレイテラピーは、フランスやドイツなどヨーロッパで伝わる自然療法です。 クレイ(粘土)を用いて、ペーストでパックしたり、薄く塗り広げて洗い流したり(エンヴェローブメント)、入浴や足浴に使用したり、また粉のままふりかけたりします。 クレイの最大の特徴はマイナス荷電であることで、これが吸着・吸収効果を生みます。 捻挫や打ち身、日焼けや火傷など、炎症を起こしている部位や、お疲れさまの肝臓や腎臓(デトックス臓器)にパックをすると、ひんやりととても気持ちがよいものです。 子どもでも、その気持ちよさを知ると、ママに『パックして~』とおねだりするようになりますよ。 この心地よさはどなたにも体験して頂きたいです。 パックは5ミリ以上の厚さに塗って、必ず乾ききる前に外してくださいね。 また、現代人の不定愁訴は、電化製品に囲まれた電磁波だらけの生活が一因であることも多くあります。 海や森に行ってはだしでアーシングすれば帯電はとれますが、都会に住んでいればそうそうできることでもないですよね。 そこで、アーシングの代わりにクレイペーストでパックをしたり、手足のエンヴェローブメント(ペーストを薄く塗り広げて洗い流す)をすることは大変お勧めです。 特に静電気体質の方はぜひグリーンイライト(最も吸着効果が高い)でのパックやエンヴェローブメントをお試しくださいね。 足浴や手をクレイで洗い流すだけでも違いますよ。  

精油

2018.7.20

精油の保管・取り扱い方法

精油は 『生(なま)もの』です。 精油は、その全成分100%が植物から採られた天然のものです。 水分がなく、どの精油にも抗菌作用があるため、そうそう腐敗するということはありませんが、やはり劣化することはあります。 よって、あくまで『生(なま)もの』として取り扱うべきなのです。 つまり、   ★ 消費期限は守る ★ 上記の消費期限とは別に、開封後は1年を目安に使い切る   (レモンやオレンジスイートなど、柑橘系の圧搾法でとられた精油に関しては、半年以内に使い切りましょう。逆に、ミルラなど粘性の高い樹脂系の精油は1年を超えても大丈夫です) ★ 保管は、日光の当たらない場所で、温度・湿度にも注意する。 ⇒ ジップロックなどに瓶ごと入れて、冷蔵庫保管するのもオススメです。   他に注意する点としては、 ★ 精油の瓶は立てて置いておく。 ⇒ 横にしてしまうと、蓋の部分に精油が付着してしまいます。精油が蓋を溶かすこともあり得ますので、必ず立てておきましょう。 ★ ホメオパシーレメディをお持ちの方は、精油の種類によってはレメディの情報を消してしまう性質のものがあるので、近い場所では保管しない。   これらのことだけ意識して、精油ライフを楽しみましょう♪♪

精油

2018.7.20

好きと感じる香りをつかう

アロマテラピーの基本のキはとっても簡単です。 なによりもまず、好きな香りを選ぶこと。 実際に嗅いでみて心地よく感じる香りが、あなたのいま必要とする香りです。 いくらラベンダーが一般的にはリラックスする香りと言われていても、もしあなたが苦手と感じるのであれば、リラックスできませんよね。 逆に、いい香りだな、と感じる香りこそが、あなたに最も良い作用を与える精油なのです。 同じ名前の精油であっても、メーカーによって成分が異なりますので、少しずつ香りが違います。より好みのものを発見できるといいですよね。 また、好きな香りであっても、使いすぎていると、また、状況が変わると、その香りが嫌いになることがあります。 体が、その成分を『もう必要十分な分を摂取した』と判断したり、マインドや体の状態が変化したことで、必要な香りも変わってしまった、ということです。 お腹が空いている時に焼肉屋さんの前を通りかかると『いい匂いだな』と感じるのに、お腹がいっぱいの時には逆に悪臭に感じてしまう、というのもこれに当たります。 なので、香りを選ぶときは、何よりもあなたの五感(嗅覚)を大切にしてください。 ただし、禁忌(使ってはいけない対象、場合、使い方)がある精油もありますので、そこだけはご注意くださいね。 素晴らしい出会いがありますように。